2017年10月02日

【音楽】俺達のブルース/瘋癲



アルバム「MUSIC IS EXPRESSION」より、十代の頃に出会って食らわされた曲です。
まずタイトルが堪らんじゃないですか。フックで繰り返し歌う“君達に贈る 俺達のブルース”という文句はCDの帯にまで引用されているのですが、彼らが前提に置きたかったこととしてブルースがあったのだということは後になって分かりました。
かくいう俺は今もブルースを理解したなんてとても言えないガキんちょなのですけれど、当時の瘋癲が醸し出す独自性を嗅ぎ取ってそれに魅せられたことは確実で、クソ生意気ながらも何かを感じ取っていたのだと思います。

“I sending this to you gotta make it through no matter what you do you die later
 君達に贈る 俺達のブルース
 in the shadow it's a battle can't settle we travel”


「お前らにこの曲を贈るぜ 人間いつかは死ぬ、だからこそ成し遂げねえと
 (君達に贈る 俺達のブルース)
 そいつは目に見えない闘いだ、じっとしてねえで旅立つんだ」


that's why we break mics !!!
posted by ムラカミハジメ at 01:46| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください